プロミス 銀行

プロミスでは千円単位で借入することも返済することもできます

手元のあればついつい使ってしまうのがお金でしょう。昔の人は「銭は足なくして走る」とすぐに無くなるということをことわざとして残しました。お金にまつわることわざはたくさんありますが、あまり良い事で使われることはないようです。人を幸福にも不幸にも出来る魔力を持っているのがお金です。

急な出費があって困ったときに身近な人間に借りることができるのであれば何も問題ありません。冠婚葬祭などは理由もはっきりしていますし、親兄弟でも都合をつけてもらうことは可能でしょう。しかし、趣味や旅行など自分の勝手で使うお金を身近な人に借りるというのは気が引けるものです。

そんな時の強い味方になってくれるのが消費者金融などでの借り入れです。最近は大手の銀行と提携していたり、子会社であったりすることが多いので安心できます。

ネットの環境があれば24時間何処からでも申し込みすることは可能ですし、場合によっては融資を受けることも可能です。

基本的には1万円単位での取引になることが多いようですが「プロミス」は千円単位での利用が可能になっています。

「借りるのなら少し余分に借りておこう」と自然に考えてしまいがちではないでしょうか。必要な金額が2万3千円の時、一万円単位で借入するなら3万円借りますよね。2万借りて3千円は何とか工面とかは考えないでしょう。余分に七千円借りてしまい、つい使ってしまうことにならないでしょうか。

千円単位で借り入れができたら、多くても2万5千円借り入れするだけではないでしょうか。間違っても3万円を借入することはないでしょう。

千円単位で借り入れができるということは、余分なお金を借りずに必要最低限で済ませることが出来るということなのです。

余分なお金を借りずに最低限の借り入れをし、出来るだけ早く返済する癖をつけることが上手な利用法であることを忘れないでください。

消費者金融などでお金を借りる場合には在籍確認があります

お金を借りる場合選択する金融機関は多くあります。銀行が取り扱うもの、銀行がバックにある銀行系のもの、消費者金融系のものなどがあります。

いずれも基本的な考え方は同じですが、金融商品には各々の会社の特色がありますし、利子や返済方法に関しても微妙に違いますので事前の確認が必要です。また、会社によって審査に必要な書類や審査方法にも違いがあります。

どこの貸金業者であれ本人確認書類が最重要視されます。運転免許証やパスポート・健康保険証などの公共の身分を証明するものが必要となります。消費者金融系では融資できる金額が少ないことや銀行などとは違った情報収集に関する独自のノウハウを持っているので、収入を確認することはほとんどありません。

大手消費者金融のプロミスの場合には50万円を超える融資の場合もしくは他社の借入額との合計が100万円を超える場合などに収入証明書類が必要になることがあります。

もちろん本人確認や収入証明だけでお金が借りられるわけではありません。実際に嘘偽りなく本人が定職につき、安定した給与をもらっているかどうかを審査するために行われるのが「在籍確認」と呼ばれるものです。

申し込みの際に申告した勤務先に間違いなく在籍し、働いているかどうかを確認されるわけです。

大げさに心配するほどのことではありません。「ローン会社です。○○さんは本当にそこで働いていますか?」などと聞いてくるのではありませんので心配はありません。お金を借りるという他人に知られると気まずい事ですから、社名なども微妙に取り繕った配慮ある表現をしてくれます。以前は個人名でかかってくることもありましたが、逆に不審に思われ取り次ぎをしてくれないなどの理由からスマートな方法に変わったようです。

特に電話で話す内容はありません。在籍していることさえわかれば良いわけですから、電話を受けた時点であなたのするべきことは終了したと言っていいでしょう。

無事に審査が通ることを祈るだけです。

大手消費者金融で借り入れすることの利点は何でしょう

大手の消費者金融は銀行との提携や子会社化が進み、銀行の資本力の高さと消費者金融の持つ独自の審査ノウハウによる融資スピードなどの利点を生かした営業活動を行っています。

銀行は金利が低いというメリットはありますが、申し込みや審査に時間がかかることが多いので、急ぎの借り入れをしたい方には大きなデメリットとなります。

急な出費があった時などには銀行では時間がかかりすぎて間に合いません。そんな時に大手消費者金融はインターネットの利用や携帯電話の利用で24時間自宅にいながらでも外出先からでも夜中であっても申し込みができますし、融資を受けることすらできるのです。

消費者金融と聞くと高い利息とか取立ての厳しさなどの悪いイメージが未だにありますが、現在ではそのような業者はほとんどありません。

特に大手の消費者金融は大手の銀行との提携などにより信用度も格段に向上しています。

CMなどでもよく名前を聞く「プロミス」などは三井住友フィナンシャルグループであり、初めての利用の方には30日間無利息で借り入れができるという利点があります。お試しというにはあまりにも大胆なやり方であるとも考えられますが、利息で成り立っている金融機関の逆転の発想なのでしょう。急な出費があった折にはこの30日間無利息サービスを利用してみてはいかがでしょう。指定日までにお金を返済すれば無利息なのですからメリットは大きいですよね。

これらの銀行にはできないサービスを持った消費者金融ですので、上手に利用すればメリットは大きいと考えますが、お金を借りるということは必ず返済がついてまわることを忘れてはなりません。借り癖がついてしまうと必要のないお金までつい借りてしまい使うようになってしまいます。ご利用は計画的にというCMの言う通りです。返済だけでなく借りる時も計画的に必要最低限の借り入れだけを行うことを心がける必要があります。

キャッシングするのにも年齢制限という壁があります

お金が必要になるのに年齢は関係ありません。生活費の補填、趣味の買い物、旅行費用など若年から高齢者まで使用用途は様々です。しかしキャッシングを申し込み、お金を借りるのには様々な条件があります。基本的に顔も知らない個人が金融会社から借り入れを行うには「信用」が必要です。この「信用」は安定した収入が必要条件となります。

学生で親からの仕送りが毎月あるというのは、親の「信用」であって学生の「信用」とは言いません。アルバイトなどできちんと安定した収入があれば18歳以上を対象に貸付を行う会社もありますが、「信用」度は低くて金利が普通より高く設定されてしまいます。そういう意味ではパートなどでも同じことが言えます。

特に学生であれば奨学金という安全な国の制度があります。キャッシングなどを利用することから考えれば低金利であり、成績によっては無金利、卒業後の進路によっては返済を免除してくれる場合もあるのですから、これを利用しない理由はないでしょう。それが出来ずにローンを申し込むということは何か事情があるとみなされることになり、「信用」が低くなってしまっても仕方がありません。

もちろん会社員であっても入社して1年未満や定年が近づく年齢になると「信用」の度合いは低くなります。定年が近いということは収入が途絶える時期が近づくのですから当然でしょう。入社一年未満ではいつ会社を辞めてしまうかわからないというリスクがあります。

40代50代は普通であれば給料も高く、勤続年数も長く定年まで時間があるということで銀行でも消費者金融でも安心してお金を貸しますが、定年になった途端安定した収入を見込めなくなってしまうので、定年が近づくとキャッシングやローンなどの審査が通りにくくなってしまうのです。

つまり、消費者金融であれ銀行であれ、そのターゲットとする年齢は、20歳から60歳前後の安定収入のある正社員ということになるのでしょう。

プロミスは専用ATMだけではなくコンビニでも引き出しできます

現在ではいたるところで見かけるようになったATMは「現金自動預け払い機(automated teller machine)」の略で、昔は大手銀行の店舗内に設置されており普通預金の預け払いにのみ使用されていた。もちろん現在のATMとは違い、機能は単純で振込はもちろん振替、貸付金などの引き出しや返済などはできなかった。

インターネットが普及した現在では預貯金の預け払いはもちろんのこと、貸付金の返済、引き出し、残高照会や振込、振替から暗証番号の変更まで行えるようになっている。キャッシュカード一枚で全国どこででも利用できるようになっています。

また、設置場所も広がり空港、駅、コンビニエンスストア、ショッピングセンター、スーパーマーケットなどいたるところに設置されており探す手間が必要ないくらいになっています。

進化したATMでは消費者金融の取引も可能になっています。これは消費者金融会社が大手銀行の傘下に組み込まれたことや、消費者金融会社自体で培ってきたノウハウが合体し進化したことによるもので、イーネットと呼ばれる組織が作られ運営が行われています。

大手都市銀行をはじめ地方銀行やネット銀行などの「銀行」、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「ATM設置先会社」、運用システム会社や警備会社などの「サービス提供協力会社」の3つが共同して行う、ATMの設置及びATMの運営に関連した業務を受託している会社で、銀行と提携している消費者金融についての利用もこれを通じて可能となっているところが多くなっています。つまりファミリーマートを始めとするほとんどのコンビニで消費者金融のカードがあれば引き出しや返済の利用できるようになっているということです。

それとは別に、ローソンのLoppiやファミリーマートのFamiポートで返済する場合には手数料がかからないというメリットもあります。

今後も進化するATMやネットにより我々の生活も便利になるのでしょうが情報の漏洩やシステムのダウンなどによる弊害もより多くなることと覚悟しておく必要もあるかもしれません。

キャッシングの利用限度額の増額は別途審査が必要

キャッシングやカードローンなどの必要性からインターネットを利用して閲覧出来るホームページや広告を覗いてみると相当額をそこそこ低金利で借りられるように見えます。

限度額300万円とか500万円などと謳っていますがこれは業者が貸出できる限度額を提示しているだけで、実際にはそのような高額を融資してくれるところはないでしょう。また、金利についても年3%~18%までなどの表示であり、上下差がありすぎて実際がどの程度の金利で借りられるのかについて見当もつかないのが現状です。

実際に最初に申し込みを行う場合には収入証明などが不要である50万円以下から始めることがほとんどであると思われます。もちろん他社に借り入れがあったりして借りられない場合や借入額が極端に少なくなる場合も想定する必要があります。

利用を継続していく中で、取引内容に問題がない場合には限度額が増額されていく場合もあります。返済に遅延がなく確実な返済が認められる。半年以上の利用が継続している。最初に借入した分をきちんと返済するだけでなく、限度額の範囲の中での利用をしている。などが問題がないという条件に当てはまると考えられます。

どこの消費者金融であっても限度額の増額を行う場合には慎重になるものですし、改正貸金業法によって定められた総量規制の範囲を逸脱することは出来ません。

限度額の増額には収入証明書などの収入を証明できる書類を持って審査を受けることになります。意外とハードルは高いと考えておかなければならないでしょう。

一時的な必要性から増額を申し込むのであれば、他社から借入することも一つの方法ではあります。ただし、返済の目処もないのに増額や他社からの借り入れをしても負担が増えるだけで悪い流れになるだけです。利用の際には計画的に借り入れをし、計画的に返済できる。この範囲内での生活を心がけることが大切です。

最近の大手消費者金融はネットだけで借入ができます

最近の銀行は、長期にわたる不況から銀行の本来業務である融資が思うように確保できず、不景気であるからこそ需要が大きいリテール中心の消費者金融事業を一つの柱として推進することで本来業務の穴埋めに当てるようになったのです。

大手銀行はテレビでも頻繁に目にしている大手の消費者金融業者をその傘下に取り込み、また地方の中小の銀行においては個人の融資を積極的に推進するようになりました。そのせいで小さな消費者金融などは潰れるか大手に吸収されるなど改変が起こっています。銀行の資本力の高さと消費者金融の持つ独自の審査ノウハウによる融資スピードなどの利点を生かした営業活動を行っています。

銀行は金利が低いという利点はありますが、申し込みや審査に時間がかかりますので、急な出費があった時などには銀行では時間がかかりすぎて間に合いません。そんな時に大手消費者金融はインターネットの利用や携帯電話の利用で24時間自宅にいながらでも外出先からでも夜中であっても申し込みができますし、融資を受けることすらできるのです。振り込みを希望する場合には平日午後2時までにネット上でのオンライン契約を完了しておくことが条件となります。銀行の営業時間内に振り込みをしようとすれば仕方ないでしょう。

ではそれ以外の時間帯や土日はどうなのでしょう。

どうしても必要な場合には、オンラインでの契約を完了して無人契約機にいけば、そこでカードが発行され、融資が受けられるのです。身分証明書や場合によっては収入証明などが必要な場合もありますが、契約が済んでいればそれらの書類を無人機内で送信もできますので、時間もたいしてかかりません。

このような、銀行にはできないサービスを行っている消費者金融ですので、上手に利用すればメリットは大きいでしょう。しかしお金を借りるということは必ず返済がついてまわることを忘れてはなりません。借り癖がついてしまうと必要のないお金までつい借りてしまい使うようになってしまいます。返済だけでなく借りる時も計画的に必要最低限の借り入れだけを行うことを心がける必要があります。

審査が甘い消費者金融なんてありません

大手銀行はテレビのコマーシャルなどで頻繁に目にしている大手の消費者金融業者をその傘下におさめ、また地方の中小の銀行においてもリテールを積極的に推進するようになりました。それに加え、改正貸金業法によって小さな消費者金融などは潰れるか大手に吸収されるなどの改変が起こっています。

大手の消費者金融では銀行の資本力の高さと消費者金融の持つ独自の審査ノウハウによる融資スピードなどの利点を生かした営業活動を行うようになりました。

インターネットの発達はめざましく、ネット上で何もかも出来てしまうと錯覚を起こすくらいです。消費者金融でも同じことで、申し込みから審査まで何でもネット上の手続きで完結してしまいます。

消費者金融の自動審査は名前・生年月日・年収・他社の借入額を入力すればほんの数秒で審査結果がわかります。もちろんその後の住所・勤務先などの詳細入力で「信用情報機関」のデータと照合され最終的な審査結果と借入額が決定されるわけです。

どんな金融業者においてもこのステップを省略することはありませんので、審査が甘いなどということは有り得ないのです。消費者金融が独自に持っている審査ノウハウも、審査が甘いという方向にはなりません。

信用情報機関や独自の審査情報源とのやり取りがスムーズで時間がかからないことから、審査が早くて簡単であると感じてしまうのではないでしょうか。

全てがネットで完結できる手軽さと即日融資が可能であるという驚異的なスピード感が「審査が甘い」と錯覚させているのです。

即日キャッシングができる消費者金融

急な出費でお金が必要という場面はよくあります。工面する方法は様々でしょう。身近な人に借りられれば良いのでしょうが、なかなか都合良くはいかないのも現実です。

そのような場合、ネットの環境さえ整っていれば、PCからでも携帯電話からでも即日融資してくれるのが大手の消費者金融ではないでしょうか。

改正貸金業法も施工されており、過去の悪いイメージはかなり払拭されてきましたし、実際には大手の銀行などのグループが提携していたりしますので消費者金融といえ大きな心配はありません。

銀行の資本力と消費者金融が過去に培ってきた小口融資のノウハウが合体し、利用者にとって有利な金融商品の提供もしてくれるようになりました。

大手消費者金融の「プロミス」では、初回30日無利息特典付きの申し込みでの即日振込が可能です。

振り込みを希望する場合には平日午後2時までにネット上でのオンライン契約を完了しておくことが条件となります。銀行の営業時間を考えると当然のことでしょう。

ではそれ以外の時間帯や土日はダメなのでしょうか?そういう訳ではありません。もちろん方法はあるのです。

どうしてもの場合には、オンラインでの契約を完了して無人契約機にいけば、その場でカードの発行が行われ、融資が受けられるのです。身分証明書や場合によっては収入証明などが必要な場合もありますが、契約が済んでいればそれらの書類をスキャナーで送信もできますので、時間もたいしてかかりません。

「即日」を謳い文句にしている消費者金融業者やカードローン業者はありますが、当日は審査の結果を知らせてくるだけで実際に借り入れができるのは銀行の営業時間だけというところも沢山ありますので注意が必要です。

キャッシングを初めて利用する場合の注意点

何事においても初めてチャレンジすることは緊張もしますし身構えてしまいます。それが借金ともなると余計ではないでしょうか。最近はよくTVのCMなどで明るいイメージを全面にアピールしていますが、実のところはどうなのでしょう。

返済ができないほど借金を抱え込み自己破産や夜逃げなど深刻な社会問題にも発展した多重債務問題を解消するため貸金業法が作られ、施行されています。このため違法に貸金業を営んできた闇金や小さな金融業者は淘汰され、安心で安全な大手消費者金融や銀行が吸収した金融会社などが中心に貸金業を行っています。

支払いが滞った時の強引な取り立てや脅迫などは映画やテレビの世界だけになったということです。もちろんそのためには年収の三分の一までしか借入ができないなどの制限事項もできましたが、これも多重債務などに陥らないための方策です。

現在のキャッシングは安心・安全・気軽に行えるものと言って良いでしょう。

初めてキャッシングを利用しようと思うのなら「金利」が低いところを選択してみれば良いでしょう。安定した収入が有り、勤続年数も1年以上であれば、審査で優遇されることがほとんどだからです。

言い換えれば、どこに申し込んでも審査を通過する可能性が高いということになります。これを利用しない手はありません。初めての利用に限り30日間無利子で利用できるところまであります。リスクを負う心配の少ないところで試してみるというのも一つの方法です。

また、大手消費者金融のプロミスでは「フリーキャッシング」という商品が有り、利用限度額内で自由に出し入れができるカードローンと同じお財布システムを持つものがあります。給料日前や急な物入りに大変便利に使うことができます。使っても返しておけば無駄な金利を払うこともないのですから万が一を考えて持っていても良いのではないでしょうか。

ただ、一度利用を始めるとその簡便性からつい借り入れをしてしまいがちになります。借入れたら確実に返すこと。これを繰り返すことで「信用度」は益々アップしていきます。借りたら返すことと計画性のある利用を心がければ、これほど便利で強い味方はありません。

つい返済が滞ったなどで正しい利用をしなくなった時には、一転味方から敵に姿を変えます。そうならないように正しい利用を心がけましょう。